法人税がよーくわかる本

ポケット図解 最新法人税がよーくわかる本


◆その他の最新情報◆



ポケット図解 最新法人税がよーくわかる本
奥村 佳史

おすすめ度 ★★★★★


★★★★★ 2006-02-11 営業マンにおすすめです
現在、営業の部署におりますが、自分自身のスキル向上のために、仕事とは直接関係のない分野の知識の吸収にもつとめているところです。本書はとてもわかりやすく書かれており、簿記3級しかもっていない私でもすらすらと読むことができました。税法は毎年改正されますので、古い本を選んでしまうと間違った知識を仕入れてしまうことになりかねません。この点、本書は平成18年度改正もフォローされているので安心です。本書に限らず、ポケット図解シリーズは、通勤電車のなかでさっと目を通せるところが良いですね。

>>もっと詳しく見る



◆その他の最新情報◆


保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生保の保険料を一覧で試算!【保険アドバイザー】


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」




タグ:法人税

法人税◆法人税と経理処理のしくみがわかる本

法人税◆法人税と経理処理のしくみがわかる本


●法人税と経理処理の違いが根っこからわかる
経理の日常処理とのかかわりの中で、法人税の要点を学習できる実戦的な解説書
です。
日次・月次・年次それぞれの段階で必要な経理処理と法人税処理との違いが、
順次わかる説明になっています。読み進めていくうちに必要な知識が自然と身に
つきます。


◆その他の最新情報◆


法人税と経理処理のしくみがわかる本
高下 淳子

おすすめ度 ★★★★★


★★★★★ 2007-03-21 本当に分かりやすい
私は仕事でシステムの設計などをしています。会計システムから法人税の申告書を出すための設計を考えている時に、何かいい本は無いかと物色したところ、この本に出会いました。自分の知識は数年前に取った簿記二級程度。しかしこの本の分かりやすさときたら半端なかったです。

最後のほうには、損益計算書と法人税の申告書類の相関が図示されています。この図は非常に重宝します。私はこの図をノートに写して常に持ち歩いています。

会社の決算とは何か、という視点で書かれていますので、ビジネスマン全員に役に立つでしょう。

>>もっと詳しく見る



◆その他の最新情報◆


保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生保の保険料を一覧で試算!【保険アドバイザー】


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」


見積依頼しても、営業電話は一切行いません。自動車保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら


保険の見直し方法なら保険クリニック

法人税◆法人税・消費税の実務処理マニュアル―基本的な税務処理のしかたと重要項目のポイント解説

法人税・消費税の実務処理マニュアル―基本的な税務処理のしかたと重要項目のポイント解説

◆その他の最新情報◆

●経理担当者にとって、法人税と消費税の取扱いを正確に理解し、間違いのない処理をすることは容易なことではありません。たとえば、法人税で損金になる費用でも、消費税では仕入税額控除ができないケースがあります。そこで本書では、さまざまな取引に関して、勘定科目別に法人税・消費税の取扱いとともに、仕訳例や経理処理をわかりやすく解説しました。日常の経理処理や税務取扱いについてわからない項目が出てきたり、処理のしかたに迷ったとき、手軽に引けてスグにわかる、便利な実務マニュアルです。
最新勘定科目別 法人税・消費税の実務処理マニュアル―基本的な税務処理のしかたと重要項目のポイント解説
小池 正明
価格:¥ 2,310 (Book)
(参考価格:¥ 2,310)
おすすめ度 ★★★★☆


★★★★☆ 2007-02-11 役立ってます。
経理の仕事をしてますが、とても参考になる本です。勘定科目ごとに、消費税・法人税両方の解説があり、毎日の実務処理に役立ってます。どの科目に当てはまるのか迷った時や、課税か非課税か分からない時頼りになるので、仕訳などの実務処理に携わっている方にオススメです!

★★★★☆ 2005-03-26 経理の本って頭が痛くなる
経理や会計の本って、難しい言葉が羅列しているでしょ?
分からなーい!!とよく叫んでいる私。
でも、この本は、平凡なる私の頭で分かるような言葉で
書いてあるんです。
福利厚生費かな?と思ったとき、
そのページを開いてみて下さい。
課税・非課税の取り扱いを含めプラスアルファーの知識まで
盛り込んであります。
会社で仕分を仕事としている方、必読です。
どの勘定科目になるのか、全く検討のつけられない方は
活用するのに時間がかかりそうです。

>>もっと詳しく見る
[オススメリンク] グラビアアイドルお宝写真集



◆その他の最新情報◆



保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生保の保険料を一覧で試算!【保険アドバイザー】


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。