年金の本◆年金の基礎知識

年金の本◆年金の基礎知識

厚生年金・国民年金・共済年金のすべてを詳細に解説


◆その他の最新情報◆



内容
最新の法令・数字で年金のすべてを解説する。
基礎知識から各種年金制度・年金額の計算・請求手続きの概要・
書式例・相談窓口まで詳細に明示。
国民年金と厚生年金の障害認定基準も全掲載する年金ガイド。


年金の基礎知識―厚生年金・国民年金・共済年金のすべてを詳細に解説
服部 営造

おすすめ度 ★★★★☆


★★★★☆ 2006-08-19 年金相談員御用達 巻末資料も充実
完全に実務家向けであるためお世辞にも分かり易いとは言い難いものの、公的年金を扱った市販本としては最も充実していることは確か。公的年金に関するあらゆる項目が網羅されており、特に障害給付・遺族給付・共済年金については他の類書の追随を許さない情報量を誇る。なお巻末の連絡先窓口リストは、かつては更新漏れが結構あったものの、今回はかなり改善された。

>>もっと詳しく見る



◆その他の最新情報◆


保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」


見積依頼しても、営業電話は一切行いません。自動車保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら


保険の見直し方法なら保険クリニック


ネットでお見積&ご契約。そんぽ24自動車保険はこちら

年金問題◆年金をとりもどす法

年金問題◆年金をとりもどす法


◆その他の最新情報◆


厚生年金、国民年金、個人年金、障害年金、遺族年金、企業年金と
年金にも様々な種類がありますが、全ての制度を理解してするのは困難ですので
まずは少し勉強してみましょう。



年金をとりもどす法
社会保険庁有志

おすすめ度 ★★★★☆


★★☆☆☆ 2007-02-11 暴露本としては楽しめる
社会保険庁の職員が執筆しただけのことはあり、内部事情が赤裸々に語られていて、それなりに興味深い。

「暴露本」としては、楽しめる内容である。

また、一定額を最低保障年金として全員に一律支給し、さらに、所得比例年金として保険料を納めた期間分だけ上乗せ支給する、という年金制度改革私案は、シンプルでとても良い。



「年金指南本」としては、受給資格期間と被保険者期間を混同していると思われる記述や、制度変更に追いついていない部分があるなど、質が高いとは言えず、初心者が鵜呑みにするのは危険である。

だが、この記述は間違っているのではないか?という疑問を持てる程度の知識がある人であれば、参考になる部分も多く、一読の価値はある。



全体としては、キャリア官僚や組合への批判が何回も繰り返されており、まるで、酒の席で会社や上司へのグチを聞かされているようで後味が良くない。

外部の者からみれば、著者が批判している「年金官僚」も著者自身も、厚生労働省(社会保険庁)という会社の同じ従業員あることに変わりはなく、当事者意識に欠けているのではないか、という印象はぬぐえない。



もしも続編を書くのであれば、辟易させられる官僚批判と中途半端な年金指南は省略し、現行年金制度を詳細に検証したうえで年金制度改革私案を提示する「改革提案本」としてほしい。

★★★★☆ 2006-11-30 年金に詳しいだけでは書けない内容
  社会保険庁の内情を知っている人でないと書けない内容です。

 その後の続編を出して欲しいと思う。社会保険庁の反応とか知りたいよ。

  誰か他のレビューで、印税を貰う前に自庁のwebサイトに公開する方が、、、云々が出てい たけど、、それで解決するなら、この本が出た後も、個人情報を漏らしたとか、国民年金保 険料免除の不正処理問題とか起きないでしょう。幹部が腐っているから患部を取り除くしか ないでしょう。村瀬長官になってからはこの本の著者のような職員は処分ものだそうですよ

 マスコミに訴えるのが一番だな。内部で浄化できない組織は外に膿を出すのが一番でしょ  う。

 

★★★★☆ 2005-06-13 プロも勉強になります
驚きました。
複雑怪奇な年金をこれほど簡潔に書くことができること自体、奇跡というほかありません。

プロの社会保険労務士も脱帽です。

特に、「厚生年金に加入していない会社で半身不随に。障害厚生年金は出るか」との問いに明快に回答されているのは、“あっぱれ”です。

ただし、やはり年金の基礎知識がなければ、読みこなすのは難しいかもしれません。
ということで、☆☆☆☆(星4つ)です。

★★★★★ 2005-04-03 年金についての仕組みが完璧ではないですけど、わかりやすく書いてあります
中々面白かったです!年金の運用の悪さと言うものがわかります。ずばり、そのことについて語ってもらっている本です。後、値段も中々安くていいですね!仕組みをしらないと貰えるものももらえなくなってしまいます。また、無駄に支払っているかもしれません。

★★★★☆ 2005-03-06 親切な本。でも年金に裏技ってのはどうも…
「何年以上保険料を払う」とか「何歳未満は該当しない」など、大切な点が繰り返し書かれています。だから、自分に関係する記述を見落としたとしても、あとでまた見つけることができます。これを面倒くさがらずにやってくれた著者は、親切ですね。
ただ、この本に列挙される合法的なテクニックが、裏技になってしまっている現状は残念と言わざるを得ません。「知る人のみ得をする」ってのが、新車購入とか金融商品ならともかく、社会保障制度それも全国民が関係する年金ですからねえ。社会的弱者にこそ分かりやすくあってほしいのに、窓口の職員もよく知らないことが多すぎて裏技になっちゃんてるんでしょうか。
M生命保険会社が、契約者にいい加減な説明をした結果、苦情が寄せられて2週間の営業停止になりました。この采配を社会保険庁や社会保険事務所にも適用すればいいのに。

>>もっと詳しく見る



◆その他の最新情報◆




保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」


見積依頼しても、営業電話は一切行いません。自動車保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら


保険の見直し方法なら保険クリニック


ネットでお見積&ご契約。そんぽ24自動車保険はこちら

タグ:年金

年金◆適格年金廃止とこれからの退職金

年金◆適格年金廃止とこれからの退職金

―移行手順と再設計のポイント


◆その他の最新情報◆


※適格年金の本質や退職金との関連性を明確にした上で、適格年金廃止にまつわる問題点を整理し、それぞれの企業にとって最適な対応策を検討する。確定拠出年金等、企業年金関連の改正を踏まえた改訂増補版

適格年金廃止とこれからの退職金―移行手順と再設計のポイント
山田 泰章

おすすめ度 ★★★★☆


★★★★☆ 2005-12-12 「適年移行」の基礎固めに最適 直近の制度改正を反映
「適格退職年金の移行」のポイント整理に有用だった本書が、直近の法改正状況を反映してリニューアル。近年は適年移行を扱った類書がそれこそ雨後のタケノコの如く増殖中だが、前版刊行から2年経過したにも関わらず古さを感じさせない骨太な解説は相変わらずお見事。同分野における古典的地位をすっかり確立した感がある。



なお「本書は中退共への移行を是としているため、中小企業以外には使えない」との声もあるが、移行対象制度のメリット・デメリットの検証程度なら本書でも十分可能。実例が中退共に偏るのは、(中小企業を主な顧客層とする)著者や出版元を鑑みれば致し方なかろう。本書はあくまでも「入門書」の範疇であり、中小企業に該当しない「ご大層な企業さま」ならば、入門書一冊で全て済まそうなんてみみっちい考えは捨てることだ。

>>もっと詳しく見る





◆その他の最新情報◆


保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」


見積依頼しても、営業電話は一切行いません。自動車保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら


保険の見直し方法なら保険クリニック


ネットでお見積&ご契約。そんぽ24自動車保険はこちら
タグ:退職金 年金

年金◆あなたももらえるアメリカの年金

日米社会保障協定であなたももらえるアメリカの年金


◆その他の最新情報◆


※アメリカで働いていたことがある人のほとんどが、将来、アメリカから年金をもらえるようになります。これまでは、もらえるはずのなかった人たちも、新しくできた日米社会保障協定によって、もらえるようになるのです。2005年の秋にはスタートする予定です。でも、黙っていても勝手に年金が送られてくる…というわけではありません。自分でしっかりと手続きをしないといけません。いつから、どのくらいもらえるのか?どうすればもらえるのか?この本を読んで、準備しておきましょう。


日米社会保障協定であなたももらえるアメリカの年金―アメリカで働いたことがある人必読!
生田 ひろみ

おすすめ度 ★★★★★


★★★★☆ 2006-10-02 社会保障が問題なのは、その制度や手続きの分りにくさである。
日本の社会保障制度は、総じてよく出来ていると思う。一億人以上の総人口を持つ国で、国際競争力を高いレベルで維持しながら、医療、年金、福祉その他の多くの領域でこれだけの社会保障システムを持っている国は他にないのではないだろうか?とはいえ、日本の現状がベストであり、また今後とも持続可能である‥と思っているひとは少数派であろう。



これからの時代、国家間の競争が起こりえる。それは、軍事を背景にした覇権主義的な競争ではなく、「あの国に棲みたい」や「あの国で老後を生きたい」というような、その国の社会の在り様によって競争する時代になる。カナダやニュージーランド、オーストラリアでは、経済的に裕福な人の移民を受け入れている。それ、国の活性を維持して、社会保障の財源を確保できる手段として有効だからであろう。魅力的な社会を構成できる国には、多くの人が集まる。



本書は米国と日本との関係性においてしか成立しない事柄について述べているが、将来においても同様である保証はない。日米間の関係が変化すれば、米国での年金受給は不可能になるかもしれないし、逆にもしかしたら、他の国でも年金受給が可能になるかも知れない。



しかしいずれにせよ、「年金は国内」と頭から決め付ける必要はない事を教えてくれる本である。

★★★★★ 2005-11-13 著者が自分自身の問題として書いているから、わかりやすい!
 「社会保障に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定(日米社会保障協定)」が平成17年10月1日に発効している。これに伴いアメリカに転勤したことのある人の多くがアメリカの年金をもらえるようになる。本書はこの点についての解説書である。

 著者は、米国公認会計士資格を持つ在米経験のある日本人4人である。なにしろ、著者自身ももらえるようになるのだから、まさに自分の問題として書いている(最後に自分の年金がどうなるかが書かれている)。

 日本にいるとなかなかわからないアメリカの公的年金額を具体的に計算するプロセスを、懇切に解説している。また、社会保障カードのイメージ、各種フォームも掲載している。日米社会保障協定に関心のない年金関係者にとっても、本書はアメリカの公的年金の具体的解説書になっているので役に立つ。

 あとは細かい日本の手続き論、例えば米国に赴任するときに国民年金に任意加入できることなどを、日本の社会保険庁のホームページでフォローすればよい。

★★★★★ 2005-02-14 やっと解決できました。
去年、日経新聞の日曜版にアメリカの年金がもらえるかもしれないとの記事を読んで以来、いろいろと調べましたが、社会保険事務所等に問い合わせをしてもはっきりとしない回答ばかりで、たらいまわしにされていたのですが、やっと質問の回答をこの本で見つけました。一気に読める簡潔なわかりやすい文章であるにもかかわらず、内容はしっかりしていて、現時点では唯一のまっとうな情報源だといえます。アメリカ駐在された方や、その家族は必読ですよ。本当にたすかりました。

★★★★★ 2005-01-30 わかりやすい
非常に分かりやすいです。具体的な事例も使っていて、元アメリカ駐在員の私も大体いくらくらいアメリカの年金がもらえる分かります。絶対お勧めです!

★★★★★ 2005-01-29 よくできています。
購入し早速読みましたが、アメリカの年金について詳しく、しかも、わかりやすくかかれてあり、とてもよく出来ています。アメリカで働かれたことのある方は、よんでみてそんはないでしょう。

>>もっと詳しく見る


◆その他の最新情報◆



保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」


見積依頼しても、営業電話は一切行いません。自動車保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら


保険の見直し方法なら保険クリニック


ネットでお見積&ご契約。そんぽ24自動車保険はこちら


年金◆妻も夫も知っておきたい熟年離婚と年金分割

年金◆妻も夫も知っておきたい熟年離婚と年金分割


◆その他の最新情報◆



※2007年4月に始まる「年金分割制度」を待つ離婚予備軍は、4万2000組とも言われる。行政書士として協議離婚に関わってきた著者が、新制度の概略と後悔しない熟年離婚の進め方を男女双方の立場から解説する一冊

妻も夫も知っておきたい熟年離婚と年金分割
柴田 崇裕

おすすめ度 ★★★★★


★★★★★ 2006-11-01 分かりやすい!
若い人の離婚にも役に立つとHPにあったので、購入しました。法律がよく分からない私でも納得できました。

比較的若い私でも本当に勉強になったのですが、熟年離婚を考えている年代の方を対象にした本だけではなく、次はこの著者さんに若い人向けの離婚の本を書いて欲しいなあと思いました。

★★★★★ 2006-11-01 役に立ちます
 筆者がこれまでに実際に相談に乗ってきた経験もとに書かれているので非常に参考になりました。

 話口調で書かれているので、初めて離婚に関する本を読む方でも読みやすいと思います。

 おすすめの1冊です。

 

★★★★★ 2006-10-29 勉強になりましたー
離婚に関係する本は初めて読んだのですが思ったよりも読みやすく自分がどうすれば良いかが分かりました。
私のように初めて読む方にはオススメできると思います。

>>もっと詳しく見る


◆その他の最新情報◆


保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」


見積依頼しても、営業電話は一切行いません。自動車保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら


保険の見直し方法なら保険クリニック


ネットでお見積&ご契約。そんぽ24自動車保険はこちら

年金◆年金・医療・少子化対策

社会保障を問いなおす―年金・医療・少子化対策

※厚生年金、国民年金、個人年金、障害年金、遺族年金、企業年金と
年金にも様々な種類がありますが、全ての制度を理解してするのは困難ですので
まずは少し勉強してみましょう。


◆その他の最新情報◆


●かつてのような右肩上がりの成長が見込めない現在、もはや、旧来のままでは立ち行かなくなった社会保障制度。その中で、なんとかみなが「納得できる」制度を作るにはどうしたらいいのか。年金・医療・子育て、と従来バラバラに論じられがちの諸論点を、「身の丈」「安心感のある」「公平性」「わかりやすさ」という四つのポイントで、一貫した観点からまとめて考え直し、錯綜した問題の整理と、将来へ向けての具体的な処方箋を提示する。

社会保障を問いなおす―年金・医療・少子化対策
中垣 陽子

おすすめ度 ★★★★☆


★★★★☆ 2005-05-26 社会保障制度の現状と問題点、改革案
本書の構成は以下の通りである。
 序章 全体の見取り図−なにが、どう問題なのか
 第1章 公的年金制度−不公平感払拭のために
 第2章 医療・介護保険制度−平等優先制度の限界
 第3章 子育て支援策−思い切った規模拡大を
 終章 「納得できる将来」のため
序章において全体像を提示し、さらには本書の立場を明確にした上で各論に入る構成となっている。また、諸論点それぞれに提示されている、将来へ向けての具体的な処方箋は、一貫した論理に基づいている。そのため、社会保障制度に関する予備知識がほとんどない人でも、内容を理解するのは難しいことではないでしょう。

あとがきにおいて筆者は、個人的価値観の排除が難しいこの分野の制度設計においては、合意形成が不可能であり、本書での提案も筆者の価値観の反映でしかないと述べている。個人の損得ではなく、社会保障の制度のデザインに興味がある方にとっては、制度設計について考えるひとつの材料となるのではないでしょうか。

>>もっと詳しく見る

[オススメリンク] エンタメ芸能ニュース速報(ーー゛)ほっとけねぇ




◆その他の最新情報◆



保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」


見積依頼しても、営業電話は一切行いません。自動車保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら


保険の見直し方法なら保険クリニック


ネットでお見積&ご契約。そんぽ24自動車保険はこちら


年金◆年金のしくみ―年金制度の問題点を理解するための論点40

年金◆年金のしくみ―年金制度の問題点を理解するための論点40


◆厚生年金、国民年金、個人年金、障害年金、遺族年金、企業年金と
年金にも様々な種類がありますが、全ての制度を理解してするのは困難ですので
まずは少し勉強してみましょう。

※わかりやすい図解で年金制度のしくみを親切に解説。客観的な資料をもとに年金問題の全体像を明示。年金受給権保護や受託者責任の問題などのトピックスも網羅。年金改革の動向や将来の課題を丁寧に詳説。年金の数理・財政・資産運用についても基本的な知識を提供。制度と運用の基礎知識から将来像まで、最新動向をコンパクトに解説した全面改訂版


◆その他の最新情報◆


図解 年金のしくみ―年金制度の問題点を理解するための論点40
みずほ総合研究所

おすすめ度 ★★★★★


★★★★★ 2006-11-01 公的・私的を問わず「年金」の入門書に最適
年金関係の書籍と聞くと、



 ・定年間近の高齢者向けの「1円でも多く分捕ろう」本

 ・いたずらに制度不安を煽るだけの「批判だけならサルでもできる」本

 ・専門家向けの「難解さと分厚さがステータス」本



というパターンが殆どで、一般向け、特に保険料を負担している我ら現役世代に向けて公正に書かれた書籍は殆ど無いのが現状である。そんな数少ない例外の一つが本書。正しい情報をわかり易く伝えようという執筆陣の意気込みが感じられ、実際本当にわかり易い。また、制度から財政・運用まで、年金に関するあらゆるトピックが網羅されており、公的・私的を問わず「年金」の入門書としては最高の出来。本書の内容を少しでもかじっていれば、新聞や週刊誌の記事の大半がいかに的外れであるかが実感できよう。

なお第5版では、公的年金の一元化・離婚分割・未納問題が新たに手当てされた一方、企業年金の運用規制緩和や財政危機といった一昔前のトピックは削除されている。

>>もっと詳しく見る
[オススメリンク] ブランド時計で男も女もセンスアップ



◆その他の最新情報◆


保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生保の保険料を一覧で試算!【保険アドバイザー】


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」


見積依頼しても、営業電話は一切行いません。自動車保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら


保険の見直し方法なら保険クリニック

年金の事なら■ズバリ年金早わかり

年金の事なら■ズバリ年金早わかり


※厚生年金、国民年金、個人年金、障害年金、遺族年金、企業年金と
年金にも様々な種類がありますが、全ての制度を理解してするのは困難ですので
まずは少し勉強してみましょう

◆公的年金、老後の資金、資産運用まで自分にあった年金対策がわかる年金シミュレーションソフト。「何歳から、いくらもらえるか?」「老後の生活にいくら必要なのか?」「足りないお金をどう補うのか?」などの悩みを、見るだけでわかる解説ムービーで解決する。必要事項を入力すると、夫婦でもらえる年金額を自動計算してくれる「公的年金!ズバリ診断」機能を搭載。

ズバリ年金早わかり (説明扉付きスリムパッケージ版)



>>もっと詳しく見る



◆その他の最新情報◆


保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生保の保険料を一覧で試算!【保険アドバイザー】


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」


見積依頼しても、営業電話は一切行いません。自動車保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら


保険の見直し方法なら保険クリニック

共済年金とはどんな年金で誰が入れる年金の種類?

共済年金とはどんな年金で誰が入れる年金の種類?



共済年金は公務員がもらう年金です。
基本的には厚生年金と同じ仕組みで給料天引きで保険料は支払われています。

共済年金の組合はおもに以下の組合があります。

国家公務員共済組合
各種地方公務員共済組合
私立学校教職員共済制度
農林漁業団体職員共済組合


仕組みは・・ 以下ウィキペディアより引用

退職共済年金
組合員期間(被保険者であった期間)、保険料を納付した期間及び保険料の納付を免除された期間が25年以上である組合員で、かつ退職した者に対し、原則として65歳に達したときに支給される報酬比例年金である。ただし、当分の間、特例により特別支給の退職共済年金が60歳から支給される。
65歳からの退職共済年金は、老齢厚生年金相当額に組合員期間の長さに応じて異なる報酬比例の加算額を加えた額が基本であり、あわせて老齢基礎年金も支給される。


障害共済年金
組合員が、次の1~3に該当したときに支給される報酬比例の年金である。

組合員である間に初診日のある傷病により、障害認定日(初診日から1年6か月を経過した日又はその前に症状が固定したときはその日)に障害の程度が1級から3級までの障害の状態にあるとき。
障害認定日に3級以上に該当しなかったが、同一傷病により、その後65歳に達する日の前日までの間に3級以上に該当し、請求したとき。
65歳に達する日の前日までに、組合員である間に初診日のある傷病と組合員となる前にあったほかの障害と併合して、初めて2級以上の障害の状態になったとき。
障害厚生年金相当額に組合員期間の長さに応じて異なる報酬比例の加算分(職務上の傷病による死亡には割増がある)を加えた額が基本額となる。障害等級1級及び2級の受給者には障害基礎年金も支給される。


遺族共済年金
組合員や退職共済年金の受給権者等が死亡した場合に、配偶者等の遺族に支給される報酬比例の年金である。

遺族の順序と範囲 遺族共済年金を受け取ることができる遺族は、組合員又は組合員であったものの死亡当時、そのものによって生計を維持していた者であり、その順序は次のとおりである。
配偶者及び子
父母

祖父母
なお、子又は孫については、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあってまだ配偶者がいない者、又は組合員もしくは組合員であった者の死亡の当時から引き続き障害の程度が1級又は2級に該当している者。
遺族厚生年金相当額に組合員期間の長さに応じて異なる報酬比例の加算分(職務上の傷病による死亡には割増がある)を加えた額が基本額となる。一定の場合には遺族基礎年金も支給される。



う〜ん、よく理解しがたいが、国民年金、厚生年金よりずる〜いって声があるような年金です。

国民年金とはどんな年金のしくみ?

国民年金とはどんな年金のしくみ?



基本的には国民年金というのは、国民の誰もが加入しないといけない年金で、
生活水準が向上し医学の発達によって、我々の平均寿命は伸びて来ていますので
老後の生活のために生涯を安心して暮らすために必要な基礎的な年金です。

国民の皆が扱いは同じで,決まった保険料を決まった40年間欠かさず納めれば,
もらえる年金です。


いくら位もらえるかと言うと・・・・



たった??
年間80万円あるかないか程度。

えっ!
それだけっと投げやりにならないで下さいね。

先程も申しましたが、我々の平均寿命は大幅に伸びて来ていますが、
国民年金は死ぬまでもらえますから,65歳から90歳まで生きたとすると

約20,000,000円(2千万円)程になります。

納める保険料は,今の水準から考えると6百万円程度ですから入っといて損(?)
はないかな。

厚生年金とはどんな年金の種類?

厚生年金とはどんな年金の種類?




厚生年金は一般のサラリーマンが掛ける年金のことです。
保険料は会社の給与天引きの為支払いは強制的です。

支払う保険料はひとりひとりの給料の額で払う金額も違ってくるので、
もらう給料の高かった人ほど納めた保険料が高かった訳ですから、
支給される年金もたくさんもらうことになります。



厚生年金の額は,格差はありますが平均すると年間200万円くらいですかね。


そのほかに国民年金ももらえますので、何とか生活は出来そうですね
(国民年金分も給料から天引きされています)

年金とはどんな仕組みと種類?

年金とはどんな仕組みと種類?


公的年金、公的年金と一言で言ってますが公的年金にも大きく分けると

・国民年金

・厚生年金

・共済年金

の3つの種類の年金制度がありますのでひとつずつ勉強していきましょう。

年金◆「年金」がアッという間にわかる本

年金◆「年金」がアッという間にわかる本

厚生年金、国民年金、個人年金、障害年金、遺族年金、企業年金と
年金にも様々な種類がありますが、全ての制度を理解して下さい。


●社会保険労務士試験受験者を対象として、複雑な公的年金制度を「理解」するために書かれたテキスト。平成16年6月に改正され、平成19年4月施行分を盛り込む。
「年金」がアッという間にわかる本
真島 伸一郎
価格:¥ 1,890 (Book)
(参考価格:¥ 1,890)
おすすめ度 ★★★★☆


★★★★☆ 2007-04-02 結構わかりやすい
年金なんて、まだ先のことと思いつつ、将来の不安もあって読んでみた。社会保険労務士目指す人向けっぽいけど、そうじゃなくても結構面白く読めた。少しは年金、わかったかも♪

★★★★☆ 2006-08-19 受験生だけに読ませるのは勿体無い
年金科目に悩む社労士受験生のバイブルとしてつとに有名。社労士受験生向けに書かれているだけあって、解説が丁寧なのは勿論だが、「昭和36年と61年の2つをまず押さえろ」に代表されるように、憶えるべきポイントが上手く系統化されている点が秀逸。試験合格後も、法改正事項を追うのに重宝する一冊。

今回の10訂版は、「離婚時の厚生年金の分割」や「老齢厚生年金の繰下げ支給の復活」など、平成16年改正のうち平成19年4月施行分までが本文中に反映されている。

>>もっと詳しく見る
[オススメリンク] 無料レポート副業ネットビジネスでお小遣い稼ぎ




◆その他の情報◆



保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生保の保険料を一覧で試算!【保険アドバイザー】


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」




年金◆企業年金の法と政策

企業年金の法と政策

厚生年金、国民年金、個人年金、障害年金、遺族年金、企業年金と
年金にも様々な種類がありますが、全ての制度を理解して下さい。

●日本版401(k)から退職金まで―。総合規制改革会議専門委員でもある新進気鋭の法学者が、アメリカの状況もふまえつつ、小気味よい語り口で複雑な企業年金の世界を法律の体系にそって見事に解き明かす基本書。企業年金実務担当者、各種資格試験受験者必携の書。
企業年金の法と政策
森戸 英幸
価格:¥ 1,995 (Book)
(参考価格:¥ 1,995)
おすすめ度 ★★★★★


★★★★★ 2003-06-17 視野の広い企業年金の概説書
本書は、企業年金として通常良く取り上げられる適格年金・厚生年金基金・確定給付企業年金・企業型確定拠出年金の他に、年金財形・中退共・特退共・内部留保型(退職金)をも包含して、横断的に説明した概説書である。コンパクトな本ではあるが、企業年金の規制法令のみならず、税法、労働法についても取り上げられ、判例もあげられている。さらに米国の年金法制との比較も詳しい。企業年金に関する知識を整理できたばかりか、今後の日本の企業年金の受給権保護のあり方についても考えさせられ、大変有益だった。

★★★★★ 2003-03-18 こんな「ちょうどよい」本が欲しかった
企業年金を法律面から解説したものとしては、現在もっとも完成度の高い本であると言っても過言ではない。あらゆる退職給付制度が様々な角度から比較検証されており、しかも必ず根拠条文が記載されているのは嬉しい限り。「法と政策」という題名に偽りなし。それでいて質量ともコンパクトにまとめられており、通勤時などに気軽に手に取れるのもこの手の書籍としては異色。
企業年金が(その良し悪しはさておき)世間の注目を集めるようになってからの関連書籍の充実ぶりには目を見張るものがあるが、本書はそうした潮流に乗って出るべくして出た本であると言えよう。

★★★★★ 2003-03-17 企業年金を見直す前に、一度お読み下さい
 代行返上もあり、2003年以降、企業年金の見直しをご担当の方も多いと思いますが、企業の人事・財務部門の方の中で、企業年金改革に取り組んでいらっしゃる方、是非本書をお読み下さい。

 厚生年金基金の代行返上、キャッシュバランスプラン、確定拠出年金など考えなければならないことも多く、また、その内容は専門性が高いため、金融関係のコンサルを起用したり、専門書をお読みになっていることと思います。本書に書かれていることは、「誰も教えてくれない」「どの本にも書いていない」ことです。「企業年金」と言っても、厚生年金基金、税制適格年金、中退共から、新しくできた確定給付企業年金、確定拠出年金等など多くありますが、これらを正に、「縦横無尽」に切った説明がなされています。個々の年金制度の詳細を解説した本は山ほどありますが、年金制度相互の「つながり」に関して解説されてあるものは他にないと思います。実はこの点が最も理解し難い点だったのではないでしょうか。また、米エリサ法の内容と日本の法の違いについても解り易く解説されています。日本にはエリサ法のような法律がないので、エリサ法に該当する項目の日本の法を整理して比較しているところがスゴイ。他に、(年金の専門家が不得手と思われる)不利益変更に関しては、判例まで列挙して注意点が挙げられています。(労務関係のお仕事に従事している方なら何方でもご存知の有名な判例ですが)尚、個々の企業年金制度に関する解説は、本書では詳しく行われているわけではないので、従って、これ一冊で企業年金が一通り理解できるという類の本ではないことを書き添えておきます。

>>もっと詳しく見る

[オススメリンク] 現金自動回収機ミリオンゲッター2007改



◆その他の最新情報◆


保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生保の保険料を一覧で試算!【保険アドバイザー】


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。