年金◆あなたももらえるアメリカの年金

日米社会保障協定であなたももらえるアメリカの年金


◆その他の最新情報◆


※アメリカで働いていたことがある人のほとんどが、将来、アメリカから年金をもらえるようになります。これまでは、もらえるはずのなかった人たちも、新しくできた日米社会保障協定によって、もらえるようになるのです。2005年の秋にはスタートする予定です。でも、黙っていても勝手に年金が送られてくる…というわけではありません。自分でしっかりと手続きをしないといけません。いつから、どのくらいもらえるのか?どうすればもらえるのか?この本を読んで、準備しておきましょう。


日米社会保障協定であなたももらえるアメリカの年金―アメリカで働いたことがある人必読!
生田 ひろみ

おすすめ度 ★★★★★


★★★★☆ 2006-10-02 社会保障が問題なのは、その制度や手続きの分りにくさである。
日本の社会保障制度は、総じてよく出来ていると思う。一億人以上の総人口を持つ国で、国際競争力を高いレベルで維持しながら、医療、年金、福祉その他の多くの領域でこれだけの社会保障システムを持っている国は他にないのではないだろうか?とはいえ、日本の現状がベストであり、また今後とも持続可能である‥と思っているひとは少数派であろう。



これからの時代、国家間の競争が起こりえる。それは、軍事を背景にした覇権主義的な競争ではなく、「あの国に棲みたい」や「あの国で老後を生きたい」というような、その国の社会の在り様によって競争する時代になる。カナダやニュージーランド、オーストラリアでは、経済的に裕福な人の移民を受け入れている。それ、国の活性を維持して、社会保障の財源を確保できる手段として有効だからであろう。魅力的な社会を構成できる国には、多くの人が集まる。



本書は米国と日本との関係性においてしか成立しない事柄について述べているが、将来においても同様である保証はない。日米間の関係が変化すれば、米国での年金受給は不可能になるかもしれないし、逆にもしかしたら、他の国でも年金受給が可能になるかも知れない。



しかしいずれにせよ、「年金は国内」と頭から決め付ける必要はない事を教えてくれる本である。

★★★★★ 2005-11-13 著者が自分自身の問題として書いているから、わかりやすい!
 「社会保障に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定(日米社会保障協定)」が平成17年10月1日に発効している。これに伴いアメリカに転勤したことのある人の多くがアメリカの年金をもらえるようになる。本書はこの点についての解説書である。

 著者は、米国公認会計士資格を持つ在米経験のある日本人4人である。なにしろ、著者自身ももらえるようになるのだから、まさに自分の問題として書いている(最後に自分の年金がどうなるかが書かれている)。

 日本にいるとなかなかわからないアメリカの公的年金額を具体的に計算するプロセスを、懇切に解説している。また、社会保障カードのイメージ、各種フォームも掲載している。日米社会保障協定に関心のない年金関係者にとっても、本書はアメリカの公的年金の具体的解説書になっているので役に立つ。

 あとは細かい日本の手続き論、例えば米国に赴任するときに国民年金に任意加入できることなどを、日本の社会保険庁のホームページでフォローすればよい。

★★★★★ 2005-02-14 やっと解決できました。
去年、日経新聞の日曜版にアメリカの年金がもらえるかもしれないとの記事を読んで以来、いろいろと調べましたが、社会保険事務所等に問い合わせをしてもはっきりとしない回答ばかりで、たらいまわしにされていたのですが、やっと質問の回答をこの本で見つけました。一気に読める簡潔なわかりやすい文章であるにもかかわらず、内容はしっかりしていて、現時点では唯一のまっとうな情報源だといえます。アメリカ駐在された方や、その家族は必読ですよ。本当にたすかりました。

★★★★★ 2005-01-30 わかりやすい
非常に分かりやすいです。具体的な事例も使っていて、元アメリカ駐在員の私も大体いくらくらいアメリカの年金がもらえる分かります。絶対お勧めです!

★★★★★ 2005-01-29 よくできています。
購入し早速読みましたが、アメリカの年金について詳しく、しかも、わかりやすくかかれてあり、とてもよく出来ています。アメリカで働かれたことのある方は、よんでみてそんはないでしょう。

>>もっと詳しく見る


◆その他の最新情報◆



保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」


見積依頼しても、営業電話は一切行いません。自動車保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら


保険の見直し方法なら保険クリニック


ネットでお見積&ご契約。そんぽ24自動車保険はこちら


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39223529

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。