介護保険◆リハビリテーション

介護保険サービスとリハビリテーション

―ICFに立った自立支援の理念と技法


◆その他の最新情報◆


※ケアやリハビリテーションを利用者本位にするための強力な武器「ICF(WHO:国際生活機能分類)」と、それを前提としたリハビリのあり方が一目でわかる。現行の介護保険制度の中のリハビリの位置づけも理解できる内容。

介護保険サービスとリハビリテーション―ICFに立った自立支援の理念と技法
大川 弥生

おすすめ度 ★★★★★


★★★★☆ 2005-02-27 チームアプローチ

 生活の場で、患者の「できるADL」をいかにして発揮できるようにチームアプローチをしていくかが書かれている。著者の述べている意味は分かるが、よほどチーム内のリハビリに対する理解がなければ実際に取り組んでいくには難しいと思う。 

★★★★☆ 2004-11-14 チーム医療の重要性
 私は、リハビリテーション病院に勤務しています。日々、チーム医療、協働の難しさを痛感している中、本書ではわかりやすく簡潔にそのアプローチの仕方を解説してあります。また、毎月頭を悩ませられるリハビリテーション総合実施計画書の書き方からその適切な運営方法、活用法がわかりやすく解説してあり、初心に戻ったつもりで自身の仕事を振り返るよい機会となりました。関係職種の方々にぜひ読んでいただきたい一冊です。

★★★★★ 2004-09-11 目から鱗!!
ICF赤本が「???」ならこの本は「!!!」といった感じでしょうか。全編にわたってかなり詳しく書かれています。これを参考にされる現任(実務)研修講師の方々も多いのではないでしょうか。保健・医療・福祉に関わる方にとっては必携ともいえる本です。自身のスキルアップのためにもどうぞ!!

>>もっと詳しく見る




◆その他の最新情報◆



保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」


見積依頼しても、営業電話は一切行いません。自動車保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら


保険の見直し方法なら保険クリニック


ネットでお見積&ご契約。そんぽ24自動車保険はこちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39222517

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。